ファン初心者ですが、スカパラ関連のことをいろいろと。
by tomoe0204
カテゴリ
はじめまして
スカパラ遍歴
スカパラ雑記
ライブレポ
CDレビュー
DVDレビュー
その他諸々
以前の記事
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


42歳、おめでとうございます。

最近、何かと忙しくてすっかり放置してしまってました(汗)。兄さんたちの新しいアルバムも、DVDの感想も書けてないし、いつも遊びに行かせてもらっているブログへも、とんとご無沙汰してしまってます・・・。

でも、今日、日付が変わる前に、これだけは書いておかなくちゃ。

今日、4月4日は、私の大好きな東京スカパラダイスオーケストラのトランペッター、NARGOさんの、42回目のお誕生日です。

去年の今日は、私は初めてスカパラのライブに参戦して、岡山のクレイジーママキングダムというライブハウスで、満員のお客さんと一緒に、そしてもちろんほかのスカパラのメンバーと一緒に、ご本人におめでとうと言いました。アンコールで出てきて、大勢の「HAPPY BIRTHDAY,Dear NARGO!」の声を受けたNARGOさん、恥ずかしそうに、嬉しそうに笑っていたなあ。その後のステージ上で演奏された「ハッピーバースデー・スカ」で、自分でノリノリで歌ってたのにはびっくりしましたが。アナタが自分で歌うんかーい!って、会場全体が、メンバーも含めて一瞬、総ツッコミモードな雰囲気になりましたからね(笑)。

大好きなミュージシャンの誕生日がたまたまライブの日で、しかもそれが参加できるライブの日で、本人に直接お祝いを捧げられたというのは、思えばすごくラッキーなことでした。今年は、春ツアー自体してないし、ふたつのスペシャルライブには参加できなかったし。だから、本人に直接なんてことは言えないんですが、自分のブログでこっそりと囁こうと思います。

『それは天馬のごとく自在に空を行き、雲を払い、目が痛くなるほど鮮やかな満天の星を、一瞬のうちに僕らの前に開示する』

村上春樹が、著書「ポートレイト・イン・ジャズ」の中で、スタン・ゲッツの演奏について書いた文章の一部です。スタン・ゲッツはテナー・サックス奏者ですが、私はNARGOさんのトランペットの音を思い浮かべる時、いつもこの文章を思い出します。

落ち着いた物腰だとか、柔らかい物言いだとか、インタビューで話す言葉の選び方とか、好きなところはたくさんあるし、ぶっちゃけ見た目もとっても男前さんだと思ってますが、何よりも、私はNARGOさんのトランペットの音が好き。今年は、去年よりはその音をナマで耳にする機会は少ないかもしれないけれど、必ず聴きに行こうと思っています。もちろん、来年も、その次の年も。

あくまで美しく、こちらの心までキレイにしてくれるその音を、できるだけ長い間、ずっとずっと奏でていてくれますように。

それができるよう、ずっとずっと健やかで幸せでいてくれますように。

お誕生日おめでとうございます。
[PR]
# by tomoe0204 | 2010-04-04 22:31 | スカパラ雑記

今週のミュージックステーションは!

出ましたね~、兄さんたち&民生さん!

この前の時間、19時から20時までスペースシャワーTVで放送されていた、「MUSIC UPDATE」にも、谷中さんと欣ちゃんがゲストで出てたんですけど、夕飯作ってたのでちゃんと見られなかったんですよね。あとで録画見ようっとv

さてMステ、しっかりご飯も作り終えて、食べながら見てました。大好きなミュージシャンが出る回ってドキドキしますねえ。特にスカパラなんて、あまり地上波の音楽番組に出ないから余計に。

「東京スカパラダイスオーケストラ!」って呼ばれて、あの階段からゾロゾロっと出てくるとき、分かっちゃいるけど、どこまで続くんだろと思いますね(笑)。

しかし、出番がいちばん最後で、時間が押しちゃったのか、曲前のトークがなかった。そして、これは最初から決まってたんだろうけど、切ないほどに短く編曲されていた・・・(泣)

でも、短くても演奏はかっこよかったです。まだ1回しか見てませんが、ステキポイントを箇条書き。



・キーが高いので、いつもより若干余裕がない感じの民生の声がセクシー。ソロやユニコーンだと、だいたいいつもギター持ってるので、ハンドマイクも新鮮です。

・大森さんがウインクした~!アップになった~!きゃ~!!(興奮)

・間奏の前に、ギターを持った加藤君を、白いライトを背にして、ひゅっとカメラが遠のくようにして抜くカットがあった。きっとした表情がカッコよかったなあ。

・ホーンが抜けて、リズムと民生さんの歌だけになる箇所で、トランペットをぱっと唇から離す、NARGOさんの仕草がカッコイイ!ああ、NARGOさん…(恍惚)。

・その後で、また一気にホーンがバンっと入ってくるとき、ホーンズ4人が、楽器をくっと正面に向けるような動きをする。このラフなキメがね、やっぱスカパラホーンズです。華やかです。

・ラストのGAMOさんのステキソロを切ったわね~っ!!(怒)


最後、ステキポイントじゃないですけど(泣)

先週も似たようなこと思ったんですけど・・・。


早くライブ行きたいよ~!こんな短くした一曲だけじゃ欲求不満だよ~(涙)。ナマで聞いて踊って騒ぎたいよ~!!


春のお祭ライブふたつは行けないので、実際にライブでお会いできるのは、早くても夏以降。嗚呼。

ものすごく好きだと、歌番組で見ると、かえって物足りなさでじたじたとなってしまうようです。わがままなファンだなあ。

でも、演奏は短くてもステキだったし、なんといっても地上波のゴールデンタイムだし。今回の放送を見て、「おっ、スカパラまた民生とやってるんだ。なかなかいいじゃん。」って、聞く人が増えるといいなと思いますv

それと、VTRだけだったけど、ミッシェルガンエレファントが見られたのも嬉しかったな。例のタトゥーのドタキャン騒ぎのときに、ピンチヒッターで1曲多く演奏したときの映像でした。やっぱりかっこよかった~♪


追記:

ちょ、スーツ・・・!

まっ黄色なんですけど~っ!!
[PR]
# by tomoe0204 | 2010-02-05 22:01 | スカパラ雑記

来週のミュージックステーションは~♪

来週のMステ、スカパラwith 民生さんがご出演ですよ!今日も、ランキングで10位に入っていましたし、来週出ることも告知されてました。え~、10位~、って思っちゃいますけど、ちょっと。でもね、いいの。もちろんもっと多くの人が買ってくれるに越したことはないけど、聞いた人をぐっと深く感動させられる音楽だから、あれはあれでいいの。

しかし今日のMステ、ワタシ、どきどきしながら見てました。BARBEE BOYSが20年ぶりに出演していたからです。

実は大ファンなんです。解散した時は小学生だったから、リアルタイムで聞いてはいないんですけど、中学生のときに、友達のお姉さんが持ってたライブビデオを見て、一目ぼれしちゃって。なんでもう解散してるんだって、あのときは悔しくて泣いたなあ・・・。

一昨年の夏、RSRに出演してから、音源のリリースはないものの、ツアーもあったし、DVDも出るしで、また活動してるんですよ。去年の2月にZeep福岡に来た時には、もちろん見に行きました。ナマで見て、聞くのはもちろん初めてだったんですが、いや、すごかった。

バービーに関しては、ここで多くは書きませんが、今日のMステを観て、一言だけ。

バービーのナマのライブは、あんなもんじゃないぞ!

テレビだからある程度仕方ないんでしょうけど、音が結構ひどかったんだよなあ・・・。でも、それでも生演奏でしたから、当てぶりよりはよかったんですけど。

実は、3月、武道館であるBARBEE BOYSのライブを見に、東京へ行くんです。これを先に入れちゃってたから、スカパラの20周年に行けなくなったともいえるんですけど、後悔はしてないです。私の17年来の憧れの、今もものすごくかっこいいバンドだもの。

Mステで出てくれたのは嬉しかったけど、音でフラストレーションたまった分、ますます早くライブに行きたくなっちゃった。
[PR]
# by tomoe0204 | 2010-01-29 23:04 | その他諸々

「流星とバラード」

今日は、大森さんに髪を結ってもらう夢で目が醒めました(笑)。いや~、いい夢だったなあ。大森さん器用だったなあ。ゴムも髪留めも使わないで、ピン一本だけでくるくる~っと。目が醒めてみたら、どんな結い方してたのか全然思い出せないんですが、「ほら、できた♪」って、鏡越しにニコっと笑ってくれた笑顔の眩しさはよく覚えております・・・(恍惚)

たぶん、「明日はお楽しみがある!」とわくわくしながら眠ったから、そんないい夢が見られたんでしょうね。

さて、そんな夢に見てしまうまでのお楽しみ、フラゲしてきました。東京スカパラダイスオーケストラ、2010年第一弾リリース、「流星とバラード」!

仕事帰りに、家の近所のタワーレコードに寄って買ってきて、夕飯食べてお風呂に入ってしまってから、ずっと聴いてるんですが、飽きないですね~。

まずは、「流星とバラード」の感想。

 HPで一部を聴いた時、「美しく燃える森」にちょっと似てるなと思いました。それで、ちょっと「え?」って思ったんですよ、正直なところ。8年ぶりに民生さんを迎えて出すのに、なにも前と似た感じの曲を出さなくてもいいんじゃないの?って。

 でも、こうしてCDで一曲通して聴くと、そんなことどうでもよくなってくる。とにかく気持ちいいんです。するすると軽やかに流れてく景色みたいな裏打ちも、色っぽくってゴージャスなホーンの響きも、きらきらと入るグロッケンの音も。高くて甘くて、でも背筋がぴっと伸びるような、清冽な色気を宿す民生さんの声も。全部がただただ、心地よい。

 いちばん気持ちよくしっかりと聞かせられる曲がこれだったのだから、前とちょっと似てるからやめとこうとか、そんな風にはちっとも思わなかったんだろうなあと。兄さんたちも、民生さんも。

 そういうわけで、音も声も、すべてにふや~っと蕩けながら聴いていますが、パート別にいちばんに蕩けるのが、実は川上さんのベースだったりします。豪華なホーンと歌声を支え、後になり先になりながら、曲をリードしてる感じがすごくするんですよ。抽象的な感じでしかいえないんですけど、こう、曲の節々で、「ほら、こっち」と顎でふっと先を指し示してる川上さんが見える気がする。川上さんの作曲だから、ってわけじゃないと思うんですけどね。

 次に、「Castillo de Ainsa」。これ、うわ~、カッコイイ・・・!パーカッションとベースとギターがスリリングなリズムを作る上に、凛々しいパリっとしたホーンがテーマを奏でる。その、テーマがキーボードに移ったときに、後ろから追っかけてくる、ホーンのリフがたまんないです。トランペットの勇壮な音がもう・・・!そのあとに、GAMOさんのしどけないサックスソロがつづくのがまた!!(興奮)北原さんの作られる曲って、それぞれのパートが複雑に、重層的に絡みあう印象が強いんですが、これもまさに。楽器の種類がたくさんあるバンドの醍醐味っていうか、まさに「オーケストラ!」だなあと思いました。

これは、一曲のなかでそれぞれの見せ場が目まぐるしく変わるけど、一曲とおして一番印象が強いのは、やっぱり大森さんかなあ。あの歯切れよくもワイルドなコンガ!今朝の夢はこれを暗示してたのでしょうか。今回の曲、大森さんカッコいいよ~!みたいな。ああ、これナマで見たいなあ聴きたいなあ。アニバーサリーライブにはどっちもいけないから、秋のツアー(やるよね?)で、絶対やってほしいなあ・・・!

 明日で明らかになるのかな?な、新しいアルバムが、ますますもって楽しみになりました!

 今日は延々リピートしながら眠りにつこうと思います。ああ、幸せ・・・!でも、次に夢に出てきてくれるなら、やっぱりNARGOさんがいい(結局)。
[PR]
# by tomoe0204 | 2010-01-26 22:13 | CDレビュー

THEE MOVIE

年が明けて、早10日も経ってしまいましたが(汗)、今年最初の更新です。あけましておめでとうございます。更新ペースがほんとに遅いブログですが、読みに来てくださっている皆様、いつもありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、今年最初の更新ですが、スカパラの話題じゃありません(汗)。だって、まだ「流星とバラード」のPV、ちゃんと見れてないんですもの。スカパラではなくて、ミッシェルガンエレファントの話。三連休初日の昨日、映画を見に行ってきたのです。

夏にライブを見に行った indigo jam unitがまた福岡に来るので、この日、そのライブに行くというのは、結構前から決めていました。また、偶然、ミッシェルガンエレファントの映画「ミッシェルガンエレファント“THE MOVIE”-LAST HEAVEN0031011-」の福岡での封切り日がその日だったので、せっかく福岡に行くのだから、1日でいっぺんに行ってしまおうと。

indigo jam unitのライブは素晴らしかったですが、その話はまたのちほど。

以下、映画のネタバレになる上に長いので、隠します。

続きはこちらから
[PR]
# by tomoe0204 | 2010-01-10 11:58 | その他諸々